1. トップ
  2. 会見・コラム一覧
  3. 会見・コラム詳細
後半アディショナルタイムに劇的決勝ゴールを挙げた原川(7番)は、「6勝して五輪に行くことにこだわる」と試合後に早くも次戦を見据えていた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】後半アディショナルタイムに劇的決勝ゴールを挙げた原川(7番)は、「6勝して五輪に行くことにこだわる」と試合後に早くも次戦を見据えていた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

原川力「非常にうれしくて達成感もある」
五輪最終予選 イラク戦後、選手コメント

(スポーツナビ)

 サッカーU−23日本代表は26日、カタールのアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムでイラク代表とのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選兼AFC U−23選手権・準決勝に臨み、2−1で勝利。決勝進出を決めるとともに、6大会連続となる五輪出場権を勝ち取った。

 日本は前半26分、久保裕也のゴールで先制に成功するも、前半終了間際の43分に同点ゴールを許してしまう。後半は立ち上がりからイラクに押し込まれる展開になるが、粘り強く守り切ると、延長戦に突入するかと思われた48分、こぼれ球を拾った原川力がエリア外から左足でミドルシュートをゴール右に突き刺し勝ち越しに成功。劇的な決勝ゴールで、リオ五輪出場権を手にした。

 試合後、決勝ゴールを挙げた原川は「緊張したがうまく抑えて枠に入ってくれた」と得点シーンを振り返り、「目標を達成できたことが非常にうれしくて達成感もある」と五輪出場を喜んだ。また、「6勝して五輪に行くということにこだわっていきたい」と決勝への意気込みを語った。

 日本は30日に、同じアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムで韓国代表との決勝戦に臨む。

原川力(川崎フロンターレ)

「6勝して五輪に行くことにこだわる」

(決勝点のシーンは)緊張したが、うまく抑えて、枠に入ってくれました。(あの時間帯、前に出ていたが)どんどん相手が間延びしてくれていましたし、セカンドボールを拾えるようになったので、一つ前のポジションを取ってもいいかなと思っていました。

(ゴールシーンは)ボールが転がって来てくれました。クロスを上げた後に僕と(遠藤)航君の前に(ボールが)落ちて、そこで拾われるのが面倒くさかった。なのでそこにポジションをとっておこうと考えていたので、イメージ通りのところにボールが転がってきました。(ゴールが決まった瞬間は)やっぱり非常にうれしかったですし、目標を達成できたことが非常にうれしくて達成感もあります。ただ先を見なくてはいけないですし、(決勝も勝って)6勝して五輪に行くということにこだわっていきたいです。

(イラン戦と比べればボールをつなげていたが)サイドの選手がボランチのところに来てくれたり、スペースが作りやすかったです。特に左サイドは、(中島)翔哉が中に入ったり、ヤマ(山中亮輔)が高い位置を取ったりしていた。そういうポジショニングを生かせたと思いますし、左サイドの3人でもっと崩せたかなと思います。

(幼なじみの久保裕也との活躍だったが)ずっと一緒に小学校からやってきているので、そういう選手とこういう舞台でやれてうれしいですし、刺激を与え合いながら、もっと上の舞台で同じピッチに立ちたいです。

久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)

「絶対に(クロスが)来ると信じていましたし、うまく走り込めたので、合わせるだけでした」とゴールシーンを振り返った久保【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「絶対に(クロスが)来ると信じていましたし、うまく走り込めたので、合わせるだけでした」とゴールシーンを振り返った久保【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「絶対に(クロスが)来ると信じていた」

 リオ行きを決めることができたのが一番うれしいです。最高ですね。ただ監督が言っていた通り、優勝が今大会の目標なのでしっかり最後に勝ちたいです。優勝と2位とでは全然違うと思うので、しっかり準備したいです。

(ゴールシーンは)絶対に(クロスが)来ると信じていましたし、うまく走り込めたので、合わせるだけでした。
(試合終了時は)うれしさの方が多かったですね。(原川も決めたが)すごくうれしいの一言です。僕のゴールはこれで(印象が)消えましたけれど、彼のゴールは良かったのでしょうがないですね(笑)。

(2人の出身地の山口県の関係者も喜んでるのでは?)2人が決められて良かったです。すごく変な感覚はしますが、やっていて楽しいです。やりがいはありますし。小学校の時は違うチームでしたが、トレセンなどで一緒にやっていましたから。(原川は)ずっとうまいですよ。昔からずっと、変わらずうまいです。

遠藤航(浦和レッズ)

「五輪出場を決めることだけに集中していた」と言う遠藤は「素直にうれしかった」と喜びをあらわにした【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「五輪出場を決めることだけに集中していた」と言う遠藤は「素直にうれしかった」と喜びをあらわにした【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「五輪出場を決めることだけに集中していた」

(けがの影響は)僕は出る気でいましたし、監督も「大丈夫だろ」くらいの感じで思っていたと思います。話してはいないですが(笑)。イラン戦はやりながら張りがあって、痛みもあったんですけれど、今日は全然痛みもなく90分プレーできました。(イラクは)やっぱり前への迫力、常にゴールへ向かっていくプレーは怖さもありましたし、高さもありました。そこは気をつけなければいけないなという気持ちはありました。でも相手のセンターバックの前のスペースはすごく空くなという印象はありましたし、そこをうまくついていければと前半から思っていました。

(同点ゴールを許したが)失点は仕方ないと僕は切り替えていました。植田(直通)や奈良(竜樹)も、「これ以上の失点はしないようにしよう」「前半は我慢しよう」と声を掛け合っていましたし、そんなに焦りはなかったと思います。手倉森監督になってからやってきたゲームをコントロールすること、流れを見て勝負どころを見極めるサッカーは意識してきた。失点してもまだ1−1だったというところが良かったと思います。後半またしっかりやっていけば、また点を取れると信じていました。

(結果で見せるしかないと言ってきたが)もう素直にうれしかったです。内容とかいろいろありますけれど、今日は五輪出場を決めることだけに集中していましたし、結果を残すことだけにこの大会は集中していました。まずはリオへの出場が決まって喜びを素直に表現したという感じですね。もう、(原川の)ゴールが決まった瞬間には泣きそうになってしまっていたので(笑)。

 最後は絶対守るという気持ちがみんなありましたし、緩んだわけではないです。(試合が終わった直後は泣いていたが)もう泣いてましたね(笑)。なかなか勝てないと言われてきて、悔しさを味わってきて、実際こうやって積み上げてきたことが結果として表れて、うれしかったです。

植田直通(鹿島アントラーズ)

「イラクに負けるわけにはいかなかった」と、この試合への思いを口にした植田(中央)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「イラクに負けるわけにはいかなかった」と、この試合への思いを口にした植田(中央)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「イラクに負けるわけにはいかなかった」

(跳ね返し続けたが)やられるとしたらクロスとかのボールの対処の部分だと思っていました。自分は「集中を切らさずにやっていこう」ということだけ思っていた。

(イラクに借りを返したが)いつも僕たちの前に立ちはだかってきたのがイラクだった。縁を感じますし、そこに負けるわけにはいかなかった。こういう展開でしびれましたし、(原川のゴールが)決まった瞬間は本当にうれしかった。(でもセンターサークルに行っていたが?)試合を始めさせてはいけないと思ったからです。あの得点で試合が終わったわけではなかったので。それはいつもやっていること。戻って来る選手たちに「絶対勝つ!」「絶対リオに行くぞ!」という声を掛けていました。

(植田選手がヘッドでクリアして試合が終わったが)ここで弾けば終わりだなと思っていた。本当にうれしかった。(勝因は?)スタッフが相手の分析を本当によくやってくれたし、(帯同シェフの)西(芳照)さんのおかげもあるし、(コンディショニングを担当した)早川(直樹)さんのおかげでもあるし、メディカルの人たちもそうだし、本当にスタッフのみんなが僕たちのことを見てくれていた。(チーム全員の勝利?)はい!

スポーツナビ