1. トップ
  2. 会見・コラム一覧
  3. 会見・コラム詳細
途中出場から2ゴールを挙げた浅野(中央)。決勝ゴール後はジャガーポーズを見せて喜びを爆発させた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】途中出場から2ゴールを挙げた浅野(中央)。決勝ゴール後はジャガーポーズを見せて喜びを爆発させた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

浅野「流れを変えなければと思っていた」
五輪最終予選 韓国戦後、選手コメント

(スポーツナビ)

 サッカーU−23日本代表は30日、カタールのアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムで韓国代表とのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選兼AFC U−23選手権・決勝に臨み、3−2で勝利。アジア王者に輝いた。

 日本は序盤から韓国に主導権を握られ、前半20分に先制点を許すなど苦しい展開を強いられる。後半開始からFWオナイウ阿道に代えてMF原川力を投入し、流れを変えようと試みるも、直後の2分に2点目を決められ0−2と追い込まれた。しかし、15分に浅野拓磨を投入すると流れが一変。22分に浅野、23分に矢島慎也と連続ゴールを決めて一気に同点に追いつくと、36分に再び浅野が決めて逆転に成功した。

 試合後、途中出場から2ゴールを挙げた浅野は「まずは1点取って流れを変えなければいけないと思っていた」と明かし、決勝ゴールを決めた後に見せたジャガーポーズについては、「本当にすごくうれしいし、普通のゴールより一層、喜びは大きかった」と語った。

 他の選手たちも優勝の喜びを語ったが、キャプテンの遠藤航が「まだまだ課題も見えた大会だったと思うので、本当にこれからが大事」と語るなど、リオ五輪に向けては今大会の反省点を挙げるなど、さらなる成長へ意欲を見せた。

浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

「ジャガーポーズができてうれしい」

 1点目は(矢島)慎也くんにボールが渡ったときにスペースがお互い見えていました。慎也くんとはああいう場面になったら絶対にパスが出てくるという信頼関係を築けていると思うので、迷わず走りました。良いボールが出てきたので、あとは決めるだけでしたね。シュートも狙ったというよりは感覚で打ったシュートだったと思います。ネットに吸い込まれていくのを、やっと決められたなと思いながら見ていました。

 2点目は(中島)翔哉が持った瞬間に裏も空いていましたし、あそこは抜け出しだけではなくて、相手との駆け引きが良かったと思います。あの場面は今、広島でもやっているというか、試合の中で成長できている場面だと思うのですが、ずる賢さというか、ディフェンスと普通に競り合うのではなく、ちょっと体を当てて、相手にボールを触らせないようにしました。今までも何回かそういう場面はあったんですけれど、あの場面は自分でもうまくいったと思いますし、翔哉も良いボールを出してくれました。

 GKと1対1になることができて、落ち着いて決めることができたと思います。自分の中であれだけ落ち着けることは、そんなにないんですけど、今日は1点目も取っていましたし、しっかり落ち着いて冷静に決めることができたと思います。

(諦めていなかった?)僕は途中から入るプレーヤーとして、まずは1点取って流れを変えなければいけないと思っていましたし、今日の試合は今までの試合とは違って苦し紛れにやっているようなプレーがたくさんあると、入る前から思っていました。その空気を変えなければいけないと思ってピッチに入りました。0−2でしたけれど、誰も諦めている選手はいなかったと思います。

(ゴール後に見せたジャガーポーズを)出さずには日本に帰れないと思いましたし、このままでは日本に帰っても、広島のみんなに申し訳ないなと思っていました。今日は自分が決めると信じてやっていたので、逆転ゴールを取ってジャガーポーズができたのは本当にすごくうれしいですし、普通のゴールより一層、喜びは大きかったですね。

矢島慎也選手(ファジアーノ岡山)

ヘディングで同点ゴールを決めた矢島(右)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】ヘディングで同点ゴールを決めた矢島(右)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「ヘディングで決めたのは予想外」

 このチームで優勝したいと思っていたので、非常にうれしかったし、監督を胴上げしたときに優勝したんだなという気持ちになりました。前半の入り方も、後半の入り方も悪くて、前半なんかは特にその入り方をひきずってしまいました。後半は相手が落ちるというスカウティングがありましたし、クロスに対する守備もバラつきがあり、さらにマイナスのボールに対してはバイタルエリアが空いてくるというスカウティングもありました。前半、室屋(成)がクロスを上げたときに、自分にマークはつかれていなかったので、良いボールが上がってくれば点を決められるとは思っていました。

 ヘディングで決めたのは自分としては予想外ですが、ヤマ(山中亮輔)のボールが良かったし、あのときは何も考えていなかったですね。拓磨が入ってきたところで攻撃を仕掛けないといけないという(監督の)意図が読み取れたし、拓磨が裏を抜けるときはいつも見ているので、それがようやく点につながったかなと思っています。

(決勝点は)韓国の守備が裏に対してもルーズになり始めてきたので、「拓磨ならまた取るんじゃないか」なんて思っていました。落ち着いて決めてくれたし、点が入った時は皆で喜べてうれしかったです。(勝てないと言われてきた世代が勝ったことについて)今日は先制されて、見ている人たちも、「これはダメだな」みたいに思われていたかもしれませんが、そこからひっくり返すのはなかなかできないことだと思います。内容が悪くても勝ち切ってしまうというか、勝ちグセみたいなものがこの大会で付いてきたとすれば、良い傾向なのかなと思っています。

遠藤航(浦和レッズ)

アジア王者を喜んだ遠藤(左)だが、五輪に向け「これからが大事」と気を引き締めた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】アジア王者を喜んだ遠藤(左)だが、五輪に向け「これからが大事」と気を引き締めた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「本当にこれからが大事」

 リオ五輪を決めたときというよりは、優勝して胴上げしたいと思っていたので、本当に監督をリオに連れていけるということと、優勝できたということは良かったと思います。

(先行された心境は)今大会、2点先に取られたのが初めてだったので、まずはこれ以上、失点しないことと、早い時間帯で追い付きたいと思っていました。もちろん、諦めることはなかったですし、まだ後半立ち上がりだったので、まだ取り返せるし、自分の中では落ち着いてしっかり進めたいと思っていました。

(浅野が投入されてから)裏を狙う意識はありましたが、今日は全体的に前半からつなぐ意識を皆持っていました。韓国のプレッシャーが早かったのでうまくいかない場面が多かったですが、後半に点を取ったあたりからは、相手も落ちてきていました。だからこそ、拓磨をうまく生かせたと思うし、前半からつなぐ意識があったからこそ、ああいう展開になったと思っています。

(決勝トーナメント以降は)誰も予想できないようなゲーム展開になったと思いますし、監督も常にしっかり良い準備をして、勝つつもりでやっていけば、おのずと運が転がってくると言っていました。運を引き寄せるのも自分たち次第だという話をしていましたし、本当にその通りになったので、監督はすごいなと思いながらやっていました。諦めない気持ちだったり、最後までチームで一体感を出してやっていくところがあったからこそ、結果を得られたと思っています。

(アジアチャンピオンになったことは)自信になったと思います。勝てていない世代と言われていた分、その悔しさをバネにして皆やってきました。こういう結果が得られたのはもちろんうれしいですが、内容的な部分ではまだまだ課題も見えた大会だったと思うので、本当にこれからが大事だと思います。

中島翔哉(FC東京)

大会MVPを獲得した中島(中央)。五輪の本大会を見据え、さらなる成長を誓った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】大会MVPを獲得した中島(中央)。五輪の本大会を見据え、さらなる成長を誓った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「メダルが届く位置まで実力を上げる」

 まずは優勝できてうれしかったです。MVPという賞をもらえたので、これからの成長の材料にしていければと思います。もちろん、納得いくプレーは多くなかったですけれど、本当に監督が信頼して試合に出し続けてくれていたので、何とかチームを勝たせるプレーをしようと思っていました。その結果として優勝を勝ち取ることができてうれしかったです。

 チーム立ち上げからずっと、五輪に出場することがまず目標でした。本当にアジアの予選が厳しいのは分かっていたので、それを何とか勝ち抜けてすごく安心しています。アジアで優勝できたのですけれど、世界でメダルが届く位置まで実力を上げて、より大きな成長をしていければと思います。

植田直通(鹿島アントラーズ)

優勝にも2失点に悔しさをにじませたDFの植田(右から2番目)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】優勝にも2失点に悔しさをにじませたDFの植田(右から2番目)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「悔しさが上回っている」

 自分としてはマックスで喜べるという感じではなく、悔しさが上回っています。前半をしのげば自分たちにチャンスがあると分かっていたのに失点してしまったので、そこは本当に課題が残るし、悔しいですね。(失点シーンは)僕とタク(岩波拓也)で考えていることが違っていたと思います。そこを合わせないといけない。ハーフタイムでも僕が思っていたことは「そうやってくれると助かる」というふうにタクに伝えました。そうしたらアイツも分かってくれたので、次に生かせると思います。

(2失点したあとの展開については)もともと分析でも後半に落ちるというのは分かっていました。僕たちは2失点してしまったんですけれど、これ以上はやらせないように、攻撃陣を信じてしのぐだけでした。(逆転してからは)要所要所で危ない場面もあったので、ディフェンスとしては合っていない部分が多く、課題が残った試合になったというイメージが強いです。(パワープレーをはじき返していたが)今までもああいう相手との対戦経験は積んできています。対処はできていたと思うんですけれど、サイドから崩される場面があったので、そこはまだ修正が必要だと思っています。

(大会を通じての課題は)今日の試合はクロスを狙っていたと思うし、自分はそこで(マークを)外さないようにと考えていたんですけれど、セカンドボールを拾うところだったり、周りをカバーしながら、全員で守るというところが薄れていました。そこはみんなと合わせていかないといけないと思います。韓国の印象は僕が思っていた感じとは少し違っていました。もっと全員大きいイメージがあったんですけれど、小柄でちょこまかしてきていました。でもあの勢いを殺せなかったのは自分たち守備陣の責任です。

(攻撃陣には)感謝しかないですね。僕たちは2失点してしまって、負けてもおかしくない試合でした。点を取ってくれて、本当にありがたかったです。

山中亮輔(柏レイソル)

矢島のゴールをアシストした山中は、「負ける気がしないような一体感があった」と語った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】矢島のゴールをアシストした山中は、「負ける気がしないような一体感があった」と語った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】「負ける気がしないような一体感があった」

 1点取るまでは苦しい時間が続いていました。韓国は後半に落ちてくると思っていたのですけれど、それにしても失点してしまったのは反省点です。

(矢島へのアシストについて)ボールを受けたときは仕掛けてやろうと思っていたので、相手をひとつかわして、しっかり良いクロスを上げることができて、中の選手も良い形で入ってきてくれました。アシストというのは決めてくれる選手がいないと何の意味もないので、決めてくれた選手に感謝したいです。ドリブルを仕掛ける前に(矢島が)「中にいるな」というのは確認していました。ドリブルを仕掛けてからは感覚で(クロスを)上げました。

(守備については)対面の選手(クォン・チャンフン)が左利きでカットインが得意という特徴があったので、ボランチの選手と連係しながら守ろうと思っていました。失点シーンを含めて、もう少しタイトにマークにつければ良かったと思います。先に点を取られたこと自体が今大会初めてだったので、チームとして少しバタついてしまった印象はありますけれど、チームとしては負ける気がしないような一体感があったので、耐えながらいこうという声は出し合っていました。

 時間が経つにつれて「ヤバいな」とは思っていましたけれど、(浅野)拓磨が決めてくれた瞬間からは「いけるな」と思っていました。拓磨の特長はチーム全員が把握していますし、スピードを生かしたプレーを出させようと思いました。韓国のディフェンスラインに足の遅い選手がいるというのも把握していましたし、そういうことも考えながらやっていました。

スポーツナビ